格安航空券でどこでも旅行できるのか?

青空と雲

格安航空券でどこでも旅行できるのか?

国内での旅行といえば、東京や大阪などの大都市や北海道や沖縄といったところが人気です。こうしたところには、たくさんの飛行機が飛んでいます。ならば自分がいくときには、格安の航空券を使って、安く飛行機に乗りたいと思うでしょう。
でも、格安航空会社の飛行機ってどこに行くときでも利用できるのでしょうか。

実は格安航空会社は地域限定

飛行機の航路図
格安航空会社も、もはや私たちの生活には定着しました。プライベートはもちろん出張の時にも使うなど、身近です。
本当は分類もあって、格安航空会社からANAやJALのフルサービスの航空会社、そしてその間にある中間航空会社となります。
ただし、世間的には大手のANAやJALを除いて、それ以外の航空会社が格安航空会社のようにとられています。

そんな国内の航空会社ですが、それぞれが地域に拠点をおくことが多いです。たとえば、スターフライヤーだと福岡県を拠点として来ます。
エアドゥだと北海道に拠点を置いています。

このため、路線もその地方から大都市である東京や関西国際空港、中部国際空港へと飛ぶようになっています。なので、国内どこからでも、格安の航空券で乗れるというわけではありません。
地元に空港があっても、格安航空会社が就航していないことも結構多いです。
大都市どうしでは、ほとんどの格安航空会社が路線を結んでいるので、これらを行き来するときには、それだけ選択肢も増えることとなります。

地域によっては、格安航空会社の恩恵を受けにくいところもあると言うことです。

大手のANAやJALで代替え?

しかし、格安航空会社は地域で利用できなくても、大手のANAやJALは利用できるところは多いはずです。
こうしたANAやJALでも、航空チケットを安くすることは可能です。
早割を利用することでかなり安くなります。ANAやJALだと、おおよそ2か月前前から予約開始となります。一番安いのは2か月前らへんのもので、あとは早割で55日前や45日前など、一定の期間ごとに安くなる仕組みです。ただし、格安航空会社のように7日前、5日前というような搭乗日の直前の割引はないので注意しましょう。

格安航空会社を利用するときには

もしも地元などに格安航空会社が就航していれば、せっかくですので利用してみてください。
なお、路線が少ないのもありますが、1日の本数も大手と比べると少なかったりします。1日に朝昼夜と3便なんてところもあります。
そのため、早くから予約が満席もよくあります。旅行が決まれば、早めに予約しましょう。

ぜひ利用できるのであれば、その恩恵に感謝しながら乗るといいでしょう。

Copyright(C)2017 初心者必見!格安航空券の基本知識サイト All Rights Reserved.