格安航空券をチェックするポイントの時期とは

青空と雲

格安航空券をチェックするポイントの時期とは

格安の航空券を利用したことありますか。必ずしも格安航空会社だけでなく、大手のANAやJALの早割もある意味格安の航空券とも言えます。広い意味では利用したことあるとも言えるでしょう。
とはいえ、せっかく利用するからにはもっと得したいと思いませんか。そのためには、実はチェックする時期やタイミングがあるのをご存じですか。

航空会社によって料金の体系が違う

金額の変動図
航空チケットも実は航空会社によって、体系や決め方が違っています。ついつい同じものだとイメージしていませんか。
大手のANAやJALだと、航空チケットの販売はおおよそ2か月前からです。それ以降は45日前、30日前というように早割のタイミングがあって、値段が少しずつ上がっていくようになります。2か月前が一番安く、1ヶ月前を境に手頃でなくなってきます。なので、2か月前と1ヶ月がチェックするポイントとなります。

この形態に似ている格安航空会社が、エアドゥ、ソラシドエア、スターフライヤーです。だんだんと高くなっていくので、早めに購入するといいでしょう。これらはキャンセルできることも多いので、まだ早めに抑える意味で購入してもいいでしょう。
これらも2か月前と1ヶ月前がポイントです。

その他の格安航空会社は変動型

先にあげた以外の航空会社の場合は、料金は変動型となります。
たとえば、ピーチだと2か月前のものでは、まだ高めとなっており、それ以降に徐々に下がってくるようになります。
そして、その下がる時期も2週間ほど前になると、底をつき、それ以降はあまり下がりません。よほど空席のときにだけ、ピンポイントでキャンペーンやバーゲンと称して安くなりますが、毎回とは限りません。
また、搭乗日の前々日安くしたのに埋ると前日には少し上がったなんてこともあるようなので、直前での値下がりは不透明です。

また観光シーズンや年末年始には、少し高めになることもあり、変動しやすいのも要注意です。
平日よりも週末が上がるので、購入時期も要注意です。
なので、格安航空会社で変動の場合には、2週間前をポイントにチェックしましょう。

会員になっておくこと

国内の場合、時期をみてチェックするとともに、キャンペーンも見逃せません。
利用すれば得することが多いです。
なので、会員になっておくとメールでの通知があり、利用しやすくなります。

チェックする時期も押さえつつ、キャンペーンも利用できれば、国内でもより安く購入できるようになるでしょう。

Copyright(C)2017 初心者必見!格安航空券の基本知識サイト All Rights Reserved.